36.10年後の税理士事務所は…以下の流れが想定できます。

平成29年9月
税理士・会計事務所様へのメッセージ
一般社団法人銀行融資プランナー協会
代表理事 田中英司

▶ ステップ1:『税理士』+財務機能=『(新)税理士』
▶ ステップ2:『(新)税理士』+経営支援スキル=『経営指南役』

税理士事務所は、その業態自体も進化発展を遂げて行くべきではないでしょうか。
私は、以下のシナリオを想定しています。

税務業務の専門家である『税理士』から、スポットの資金調達業務、
 継続的な財務部長機能を有する『新・税理士』への転換が第一歩です。


そのために必要な条件は…

1.クライアント(及び)候補、金融機関に対して明確な『新・税理士』思想の発信


⇒『新・税理士宣言』(クライアント向け)
http://www.bankfinancial-planner.com/aboutus-detail5

⇒『新・税理士宣言』(金融機関向け)
http://www.bankfinancial-planner.com/aboutus-detail7

 

2.中小企業金融、財務の基本ルールを完全に習得すること


⇒継続・反復・職員全員がスキルを習得できる体系的・網羅的・論理的な学習プログラム
http://www.good-tax.jp/topics_sv-2.html (9実例・30時間超のWEB講座)

 

3.上記のスキルを有料化できるサービスの開発と習得


⇒財務部長代行業務の有料サービス
http://www.bankfinancial-planner.com/rule-detail6

⇒資金調達業務の有料サービス
http://www.bankfinancial-planner.com/rule-detail8

 

4.その他、個別事案に対する個別相談にいつでも対応しています。等々…

 ※銀行融資プランナー協会は、一気通貫のソリューションを提供できています。

以上


次は >>>37.事業性評価融資で変わること、変わらないこと!

 

このページの先頭へ