10.ノウハウは収益につながりません。商品化が必要です。

平成27年5月
税理士・会計事務所様へのメッセージ
GPC-Tax本部会長・一般社団法人銀行融資プランナー協会
代表理事 田中英司


 

ノウハウは収益につながりません。商品化が必要です。

 

銀行融資プランナー協会は、ノウハウを商品化(サービス化)して収益につなげるためのすべてをパッケージにしてご提供しています。更なる有効活用をお願いします。

金融機関対応ノウハウを習得しても、それを商品化(サービス化)できていなければ、事務所の収益にはつながりません。実践に即した体系的・網羅的・論理的な金融機関対応ノウハウの習得と、併せて、そのノウハウの商品化(サービス化)が必要です。

商品化(サービス化)の定義は以下です。

  1. サービス受託側が受け得る利益を明確にする。
  2. サービス提供側が提供する役務を明確にする。
  3. 料金体系の明確化・価格表を整備する。
  4. 上記をクライアント(候補)に周知徹底する。
  5. 併せて職員教育を徹底する。

※上記の五つができていることが商品化(サービス化)の定義です。

『金融機関対応に強い事務所です。』と謳う事務所様は少なくありません。

  • 「金融機関対応ノウハウがあります。」
  • 「必要なら書類の作成をサポートします。」
  • 「必要なら金融機関にも同行します。」

※商品化(サービス化)とは程遠いですね。

銀行融資プランナー協会は、金融機関対応ノウハウを商品化(サービス化)
   しています。故に、多くの事務所様が収益につなげています。

※以下、銀行融資プランナー協会の商品その1(導入のためのスポットサービス)『銀行融資プランニングサービス』の営業チラシから抜粋で、商品化の5か条をご確認ください。

○銀行融資プランニングサービスの概要
  • 弊所が貴社のご依頼を受けて、貴社の財務部長的な立場で、融資戦略の立案・必要書類の作成・金融機関との調整業務等を行います。
  • 先に金融機関と調整し、事前にある程度話をまとめたうえで、最後に社長に判断・決裁をいただきます。クライアントの受ける利益と、我々が提供する役務を明確に謳っています。

※融資の戦略立案、必要に応じて返済猶予(リ・スケジュール)等も行います。
※弊所が主体的に対応します。
※貴社のご依頼を受けて必要な資料を提出する、貴社の要望に応じて銀行の説明に同行する、このような受身的な対応方法ではありません。

○このような企業様に最適です。
▶新規の融資を受けたい。
▶返済猶予(リ・スケジュール)等を検討している。
▶金融機関対応がよくわからない。
▶金融機関への提出資料の作成が面倒だ。
▶金融機関との交渉がうまくいっていない。
http://www.bankfinancial-planner.com/rule-detail8
商品(サービス)案内チラシを準備しています。提示してご説明します。

※当協会が真に推奨するサービスは、継続的に財務部長の代行業務を担う『資金繰り円滑化サービス』です。
http://www.bankfinancial-planner.com/rule-detail6
商品(サービス)案内チラシを準備しています。提示してご説明します。

これらのサービスをクライアント(候補)及び職員に徹底する必要があります。

○クライアント(候補)に周知徹底するために様々なツールを準備しています。

○多くの事例集を準備しています。本物のノウハウです。
http://www.bankfinancial-planner.com/jirei.html
対応事例も多数準備しています。類似事例を提示してご説明します。
税務顧問業務に付加する次のサービスを習得して、事務所内及びクライアント(候補)に周知徹底するには一定の労力と時間が必要です。
三年後の事務所経営を見据えて、早めの導入をお勧めさせていただきます。

 

もう一度収益化のための5か条をご確認ください。

商品化(サービス化)の定義は以下です。
 
  1. サービス受託側が受け得る利益を明確にする。
  2. サービス提供側が提供する役務を明確にする。
  3. 料金体系の明確化・価格表を整備する。
  4. 上記をクライアント(候補)に周知徹底する。
  5. 併せて職員教育を徹底する。

上記の五つができていることが商品化(サービス化)の定義です。

銀行融資プランナー協会は、ノウハウを商品化(サービス化)して収益につなげるためのすべてをパッケージにしてご提供しています。更なる有効活用をお願いします。

 


次は >>>11.財務部長の代行業務=資金繰り円滑化サービス

このページの先頭へ