【『資金繰り円滑化サービス』は、クライアント企業の財務部長的な機能です!】[第43回]


━━■━ 毎週火曜日配信 ━■━━━━━━━━━━━━━━

税理士・会計事務所の皆様

こんにちは。GPC-Tax本部会長の田中英司です。

本メールでは、税理士事務所の運営を実際に行いながら税理士
事務所様の経営を考えるコラムを毎週無料で提供させていただ
きます。

*本メルマガの配信を希望される方は、こちら>>よりご登録ください。

----------------------------------------------------------------

●GPC-Tax税理士事務所ネットワークメールマガジン

銀行融資プランナー協会は『新・税理士』を提唱しています。

『新・税理士』としての具体的な新サービス、『資金繰り円滑
化サービス』を確立し、協会の正会員税理士事務所様が受注し
て事務所経営のさらなる発展に寄与することが目的です。

新サービスを始めていただくためのノウハウ・ツール・ひな形、
クライアントやクライアント候補、さらには金融機関への情報
配信や営業ツール、契約書のひな型等も提供いたします。

当協会は、営業力ではなく、

商品・サービス力での明確な差別化を目指しています。

http://good-tax.jp/
http://www.bankfinancial-planner.com/

━━━━━━━━━━━━■━[第43回] 2014/07/01 ━■━━
◆ 今週のテーマ◆
--------------------------------------------------------------
『資金繰り円滑化サービス』は、
クライアント企業の財務部長的な機能です!
月額35,000円~50,000円の単価アップが可能です。
(会員事務所様も、受注実績を多数あげておられます。)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当協会が推奨する『資金繰り円滑化サービス』は、クライアン
ト企業の財務部長的な機能を廉価(月額35,000円~50,000円、
税務顧問料に付加する金額です。)で提供するサービスでも
あります。

※クライアント毎の事案発生頻度はそう多くありません。
毎月の資金繰り表に対する助言と、毎月~3ヶ月毎程度の
ミーティングで十分機能します。

中小零細企業に取って、財務部長的な機能は極めて有益です。
重宝します。以下の例をご確認ください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

●建設業経営者
 『今後、公共事業をより積極的に受注したい。』
◎財務部長 『売上代金の受取サイトが長くなりますね。
増加運転資金の調達が必要ですので、 金融機関と交渉します。社長は受注に励んでください。』

●飲食業経営者 『居ぬきの良い物件が見つかったので、買い取って出店したい。』
◎財務部長 『諸々資金が必要ですね。計画を作って、金融機関と交渉してみます。少し待ってください。』

●運送業経営者 『倉庫の家賃もばかにならない。倉庫を買い取って自社物件にしたらどうかと思うが?』
◎財務部長  『どっちが得かの収支をシミュレーションしてみます。シミュレーションの結果を持参 しますので、判断してください。』

●サービス業経営者 『社員の定着率を上げるためにも、給料のベースアップが必要だ。○○ぐらい 昇給したいが、収益と資金繰りは大丈夫かな?』
◎財務部長  『社長の想定に合わせて、収支と資金繰りをシミュレーションしてみますのでご判断ください。』

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

優秀な財務部長が居れば、社長のやりたいことに対して、収支と
資金繰りのシミュレーション及び金融機関対応をしてあげられます。
極めて有益です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------


◎財務部長 『売り上げが伸びています。追加で運転資金を○○ぐらい調達したいのですがよろしいですか?』
●経営者   『頼むよ。』
◎財務部長 『金融機関との調整が終了した時点で、一度金融機関に同行してください。お願いします。』

◎財務部長 『業績改善に努めていますが、もう少し時間が必要です。新たな借入れに関して金融 機関はネガティブです。一旦、リ・スケジュール(返済猶予)を行って、資金的な余裕を 確保したいのですが、いかがですか?』
●経営者  『そんなことができるの?』
◎財務部長 『社長の了解をいただけるなら、金融機関との交渉に入ります。都度ご相談します。』

◎財務部長 『今月から向こう6か月後までの資金繰りの状況はです。ご確認ください。』
●経営者   『大丈夫だね。』
◎財務部長 『問題はないと考えます。来月もご報告しますので、確認ください。社長は資金繰りを気にせずに営業(経営)に邁進してください。』
●経営者   『資金繰りへの安心感は大きいよ。ありがとう。』

---------------------------------------------------------------------------------------------------------


優秀な財務部長が居れば、会社の資金状況を確認しながら、
察して上記のような対応をしてあげられます。極めて有益です。

中小零細企業や創業者が、上記のような財務部長を雇い入れることは、
コスト的に現実的ではありません。また、対応頻度も少ないため、
宝の持ち腐れになります。

我々、銀行融資プランナー協会の『新・税理士』は、
中小零細企業の財務部長的な役割を担います。

税務顧問として決算数字を預かっています。

○クライアントの資金繰り表の継続的な作成と提言
○タイムリーで積極的な金融機関対応


を追加で行うことで、上記のような場面に対して、クライアントの
財務部長と遜色ない働きができます。

本当は我々の方が、多くのクライアントを掛け持ちしている分、また、
この分野の訓練を積んでいる分、社内の財務部長よりも優秀です。

このサービスが『資金繰り円滑化サービス』で、料金は、
月額35,000円~50,000円(税務顧問料に付加する金額)です。

※クライアント毎の事案発生頻度はそう多くありません。
毎月の資金繰り表に対する助言と、毎月~3か月毎程度の
ミーティングで十分機能します。

貴事務所もこのソリューションを導入しませんか。
プログラムは完成しています。

http://good-tax.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■私が考える税理士事務所の経営目標は
○既存のクライアントとの関係を永続する。切られない。
○付加価値を上げて顧問料のアップを図る。3~5万円/月アップ。
○優良な新規顧客を継続的に獲得する。毎年1割以上純増させる。
以上です。

ソリューションが見つかりました。実行してみませんか。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【一般社団法人銀行融資プランナー協会のご案内】

■研究会受講による金融機関対応力の習得(6回目安)
当事務所では、『資金繰り円滑化サービス(キャッシュフロー
の番人業務)』を完遂するために必要な、金融機関対応力の
習得プログラムを開発しました。当事務所の実例をすべて
細部までお伝えします。

◎4時間の実例ワーク訓練を累計6回受講していただくことで、
金融機関対応力に対する及第点のスキルを習得するプログラム
を開発しました。様々なひな形・エクセルソフトもご提供します。
※一回のみのお試し参加歓迎です。38,000円/1回。予想を超える、
密度の濃い内容とお土産の多さにご満足いただけるはずです。


■銀行融資プランナー協会正会員事務所登録
◎営業支援ツールのご提供及び個別事案への対応支援を行います。
・本部として個別事案に対する後方支援を行います。
・補助金チラシの提供、『新・税理士宣言』、『新・税理士宣言
(金融機関様用)』、『サービスメニュー表』、協会DVDの原価提供
等々、適時追加しています。
・協会正会員として活動いただきます。
・クライアント(候補)向けのメールマガジンコンテンツ等を
自由にお使いいただけます。

●費用は、
・研究会参加費用 38,000円/月(累計6回・6ヶ月で終了)
・銀行融資プランナー協会正会員会費 30,000円/月
・メールマガジンコンテンツ 8,000円/月(正会員のみにご提供)
※入会金等の一時金はありません。いつでも辞めることができます。

※当事務所がクライアント及びクライアント候補に発信している
メルマガにご興味のある方は、以下から登録して確認ください。
無料です。
https://faml.jp/bm/p/f/tf.php?id=gpcsenba

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆大阪第11回 7月16日(水)午後1時~5時:大阪本町 
◆東京第 6回 7月23日(水)午後1時~5時:東京八重洲
----------------------------------------------------------------
研究会スケジュール・詳細についてはこちら>>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
セミナーDVD販売のお知らせ!お勧め!
『中小企業経営者が押さえておくべき銀行取引の基本ルール10
と3つの事例』(90分・レジュメ付き)
・費用:3,800円(消費税別)
〔※メールマガジンの読者様(税理士事務所様)には無料で進呈します。〕
――――――――――――――――――――――――――――――

○受講者様76名・アンケート有効回答数69名、
本セミナーの満足度は97%と大変好評でした。

○以下、アンケートからのコメント(抜粋)
・「銀行からの融資の仕組み、取引のポイントについてわかった」
・「目からうろこでした。」
・「銀行には『日傘』しかない、この発想がおもしろかった。」
・「メッセージが明確でわかりやすい。」等々

○セミナー内容抜粋
■銀行は『晴れの日にはお金(傘)を貸して、雨が降り出したら
お金(傘)を返せと言う』、こう嘆く方は少なくありません。
今一度銀行の成り立ちと、ビジネスモデルを理解してください。
銀行は『日傘』しかありません。後略

■『金利負担を気にせずに、借りられるだけ借りよう』と提案して
います。中小企業の資金政策に対する誤解があります。後略

■事例1:リスケ解消と同時にニューマネーを調達した事例
■事例2:融資要件が不足していた創業融資事例
■事例3:円満にリスケを実行した事例

DVDに関する情報はこちら>>からご覧になれます。
DVDのお申込みはこちら>>からお申込みください。

このページの先頭へ