【財務支援サービスを商品化してください。】[第218回]

(毎週火曜日配信)税理士事務所様の経営を考えるコラム
GPC-Tax本部会長・一般社団法人銀行融資プランナー協会
代表理事 田中英司


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 …商品化とは、命名し、サービス内容、
  提供する役務を明確にし、料金体系を決め、
  商品案内を作成して提示できることです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■提供するサービスは、必ず商品化してください。

「クライアントの財務支援を行ないます。」と言いながら、
財務支援の商品を有していない事務所様は少なくありません。
「クライアントの金融機関対応をしっかりサポートします。」と言いながら、金融機関対応の商品を有していない事務所様は少なくありません。

商品化できていないのは、サービスが存在しないのと同じです。
「何でも言ってください。個別で対応します。」これは(コンサルタントによくある)独りよがりです。提供するサービスは、必ず商品化してください。

■商品化とは、提供するサービスを…

1.命名する、名前を付けることです。
2.サービス内容、提供する役務を明確に定義することです。
3.料金体系を明確に決めることです。
4.商品案内を作成して提示できることです。

◎銀行融資プランナー協会では…

◆「クライアントの財務支援を行います。」、このサービスを『資金繰り円滑化サービス(財務部長の代行業務)』と呼んでいます。
サービス内容は、中小企業に特化した財務戦略及び金融機関対応の訓練を受けた銀行融資プランナーが、貴社の財務部長として、中長期的な資金繰り管理と金融機関対応(資金調達)を主体的に行います。単なるアドバイスではありません!
・期首:経営分析・経営課題の抽出・今期資金繰り目標設定
・毎月:資金繰り状況の管理
・定期:定例資金繰り管理会議
・随時:融資申込資料の作成・金融機関の開拓・金融機関への説明
…つづく
もちろん商品案内(カラーチラシ)も準備しています。
http://www.bankfinancial-planner.com/rule-detail6

◆「クライアントの金融機関対応をしっかりサポートします。」、このサービスを『銀行融資プランニングサービス』と呼んでいます。
サービス内容は、弊所が貴社のご依頼を受けて、貴社の財務部長的な立場で、融資戦略の立案・必要書類の作成・金融機関との調整業務等を行います。先に金融機関と調整し、事前にある程度話をまとめたうえで、最後に社長に判断・決裁をいただきます。
※融資の戦略立案、必要に応じて返済猶予(リ・スケジュール)等も行います。
※弊所が主体的に対応します。
※貴社のご依頼を受けて必要な資料を提出する、貴社の要望に応じて銀行の説明に同行する、このような受身的な対応方法ではありません。…つづく
もちろん商品案内(カラーチラシ)も準備しています。
http://www.bankfinancial-planner.com/rule-detail8

その他、以下の商品もあります。
『経営改善計画書策定及び金融機関対応支援サービス』
『向こう一年間のお金に関する計画書の作成サービス』

◎税務関連の業務は有料で取組んでおられるはずです。商品化できているはずです。また、税理士さんは、税務に関して極めて高度な知見を有しておられます。当然ビジネスとして成立しています。

◎一方、財務支援に関してはプロではありません。詳し方はほんの少数です。また、商品化もできていません。商品案内もありません。当然ビジネスにはなりません。

「クライアントの財務支援を行ないます。」、「クライアントの金融機関対応をしっかりサポートします。」と宣言するなら、プロとしての知見を習得し、かつ、サービスを商品化してください。

当協会では、サービスの商品化と併せて、『新・税理士宣言』をクライアントと金融機関に対して行っています。これは財務支援を行う時の指針・考え方です。
『新・税理士宣言(クライアント向け)』
『新・税理士宣言(金融機関向け)』
当然、上記の宣言書を書面(カラーチラシ)で準備しています。

※当協会の正会員事務所様には、訓練プログラムだけではなく、上記のカラーチラシ等、そのソリューション一式もご提供しています。

※以下の税理士・会計事務所様が『新・税理士』ソリューションを導入されておられます。
http://www.bankfinancial-planner.com/madoguchi.html

 

◆貴事務所も、この機会に
◎株式会社GPC-Tax ⇒『財務支援力』を習得する!
http://www.good-tax.jp/
◎SP経営協会 ⇒『経営支援力』を習得する!
https://www.sp-keiei.com/
とのお付合いを始めてみませんか。お気軽にお問い合わせください。

 


〇 本メルマガへのご意見・ご感想・ご質問はこちらまで>>

このページの先頭へ