▶講座③【個人事業主・創業資金の調達支援(飲食業O氏)】

講座No,1のダイジェスト版はこちらから>>

【 収録時間:3時間31分02秒 】  視聴はこちらから>>>

 

講座No.3:個人事業主・創業資金の調達支援<創業資金>
 
(飲食業O氏の事例)

  • WEB講座、3時間強でわかる、ボーダーラインの創業融資事案対応ノウハウ…
  • 実例、新規開業資金の調達相談、金融機関の懸念材料を払拭する案件構築と、協調融資による資金調達事例。 (創業融資要件の行間を知る、自己資金要件、事業総額予算要件に懸念大、希望金額大、協調融資を実行)

創業融資要件の行間と運用の実態を知ってください。

○創業融資要件、運用の実態…

  • 経歴要件…公庫のひな型ではなく、A4一枚にしっかり書く
  • 自己資金要件…要件は9倍、20倍出た事案もありますが、運用は2倍~3倍
  • 事業総予算要件…(要件には無い)この要件が融資金額の上限を抑えています。

○創業計画書の答えは一つです。決まっています。

  • 創業計画書で示す、返済後資金黒字時点の売上高の実現可能性・信憑性
  • 創業計画書のひな型をご提供、今後使えるエクセルもご進呈
  • 創業時も使える複数行から同時に調達を図る「協調融資」の進め方
  • 「協調融資」は二行、三つの財布から…
  • 税理士事務所が金融機関と直接折衝を行う、銀行同行は絶対しない
  • 資金調達を事務所収益に変えるために、ノウハウは無料、役務は有料
  • 『とりあえず創業融資は不要…』この創業者様にも創業融資を

創業融資の応用編、創業融資要件の補完と協調融資で調達希望金額10百万円を満額調達した事例。資金調達相談を受けた際の対応サービス「銀行融資プランニングサービス」の実務を実例にて解説します。

  • 事業主名:O氏
  • 業種  :飲食業

  • 飲食業にて創業準備中。日本政策金融公庫に創業融資10百万円を申し込んだが、ネガティブな対応を受けており、困り果てて相談に来られたもの。

  • 銀行融資プランニングサービスにて受注し30万円の成功報酬を頂戴した。

  • 創業者、自己資金5百万円、業界経験は無くフランチャイズ加盟により独立開業予定。

  • ○○公庫と△△信金のプロパー融資で満額の1,000万円を調達しました。

  • 創業融資の基本要件とは。
  • 調達金額が大きい場合の解決策「協調融資」とは。
  • 顧問料以外の新たな収益源「銀行融資プランニングサービス」とは。

このページの先頭へ