4.税理士事務所の課題について

営業面での課題このようなことでお困りではないでしょうか。

  • 新規顧問先の獲得に苦労している。
  • 顧問契約を切られてしまう。
  • 顧問料の値下げを迫られる。

「営業力が弱いから」「ホームページが良くないから」という事が主因ではありません。
他事務所との差別化が出来ていないことが要因です。営業や広告宣伝に力を入れるより、
先ずは、貴社独自の強みを磨き、顧問先様のニーズを満たすことが先決です。

業務面での課題このようなことはございませんか。

  • 受託業務の範囲があいまいで、顧客とトラブルに発展した。
  • 銀行融資に必要だからと急ぎで試算表の作成を求められる。無料で
  • 銀行融資のため事業計画書の作成を依頼される。無料で

業務の商品化が必要です。(分かりやすくするために、敢えて商品と表現します。)

記帳代行、源泉所得税額の算出、税務調査の立会等の税務業務はもちろん、労務業務や銀行対応業務など、税務業務以外の業務についても顧問先から多々依頼があります。業務を細分化し、それぞれに料金を設定する必要があります。

顧問先属性の課題このような社長様にお困りではありませんか。

  • 行き過ぎた節税思考、税額が高いと文句を言う。
  • 極端な低価格指向で、顧問料について不満を言う。
  • 税理士・職員を作業員のように扱う。

事務所の理念や考え方をしっかりと打ち出せていないことが要因です。

事務所として、節税や経営に対する考え方の軸を持ち、
それに共感して頂けない社長さまとは無理して付き合う必要はありません。


『新・税理士』を提唱します

『資金繰り円滑化サービス』で、差別化と単価アップを実現してください!

銀行融資プランナー協会は『新・税理士』を提唱しています。

『新・税理士』としての具体的な新サービス、『資金繰り円滑化サービス』を確立し、協会の正会員税理士事務所様が受注して事務所経営のさらなる発展に寄与することが目的です。

新サービスを始めていただくためのウハウ・ツール・ひな形、クライアントやクライアント候補、さらには金融機関への情報配信や営業ツール、契約書のひな型等も提供いたします。

当協会は、営業力ではなく、
商品・サービス力での明確な差別化を目指しています。


【GPC-Tax及び銀行融資プランナー協会についてのお問合せ先】
 GPC-Tax本部 TEL:06-6260-0022 ( 担当:勝見) 
 メールでのお問合せはこちら>>

 

 

このページの先頭へ